オンライン英会話でビジネスマン向けの教室

オンライン英会話でビジネスマン向けのレッスンをお探しのあなた。

 

仕事が忙しので英会話教室に通うのは難しい。
空いている隙間時間を活用したい。
早朝や夜遅くや休日に英会話の勉強をしたい。
このようなことをお考えの方はオンライン英会話が最適かもしれません。

 

ビジネスマンの方がオンライン型にせよ通学型にせよ英会話スクールに通う目的は、英会話を趣味にしたいとか、英語がなんとなく話せるようになりたいといった目的ではないと思います。
仕事で使うとか、TOEICやTOEFLなどの資格試験を受験するなどいった目的だと思います。
仕事に使うにせよ、資格試験を受験するにせよ、英会話と上達する目標点や達成の期日があると思います。
英会話をお選びする際に、上達目標や到達目標を設定しているコースやスクール、受講期限が設けられている所を選択なさるとよいのではと思います。
受講期限が設定されているというのは、例えば、短期集中とか3か月レッスンと言われるコースのことです。

 

オンライン英会話といっても様々なコースや教室がありあます。
オンライン英会話にせよ通学するタイプにせよ、ビジネスマン向けの英会話が出来る教室には大きく分けると2タイプがあります。
それは、「コース」と「スクール」です。
ここまでの記述で、「コース」と「スクール・教室」という表現を使用してきました。
「コース」と「スクール・教室」には違いがあります。

 

まずはコースから説明します。
ビジネス英語コースとは、そのスクールの数あるコースの中の1つのコースというものになります。
例えば、留学コース、英検コース、キッズコース、ビジネスコースという具合です。
ビジネスコースがあるとスクールは、ビジネスに特化しているスクールではないということです。
しかし、それが悪いということではありません。

 

ビジネス英語はレベルが高い部類に入ります。
英会話を基礎から始めたい方にとっては、ハードルが高すぎます。
よって、コースがたくさんあるスクールでレッスンする場合、最近英会話を始めた初心者の方は、初心者向けのを選択することも出来るのです。
あなたの状況に合わせたコースを選択することが出来る。

 

次にスクール・教室の場合です。
ビジネス英会話スクールは、ビジネス英語に特化しています。
基本的な英会話は出来るが、ビジネス向けの比較的レベルの高い英会話をマスターしたい上級レベルのビジネスマン向けのスクールということになります。

 

あなたが、どのような英会話をまずはマスターしたいのかという基準で比較して選ばれるとよいのではないかと思います。
英語をマスターしたいビジネスマン向けにビジネス英語が受講できるオンライン英会話の教室やコースをご紹介します。
オンライン英会話スクール選びに当サイトをご参考になさって下さい。

 

 

ビジネスマン向けのオンライン英会話

ビジネスマン向けのオンライン英会話をご紹介します。
比較してご検討下さい。

 

上級の方に向いている英会話

上級〜中級の方むけのオンライン英会話です。

 

BizEnglish(ビズイングリッシュ)

BizEnglishは、あなたの目的に沿った英語を提供するオンライン英会話スクールです。
ビジネス英語に特化したスクールです。
3か月で目標達成を目指します。

 

  • レッスン時間:50分
  • 頻度:平日毎日
  • 講師:全員外国人
  • 学習時間/月:1000分
  • 料金プラン:月額制
  • その他:無料カウンセリング有り

 

短期間でマスターしたいビジネスマン向けです。
同じ先生のレッスンを受けたい方やグループセッションも受けたい方にもおすすめです。

 

まずは、30分間のオンライン無料カウンセリングにご参加ください。
ご不明な点や不安なことなどを相談することが出来ます。

 

ビズイングリッシュの詳細はこちらのページをご覧ください。

 

ビズイングリッシュの無料カウンセリング、お申し込み、ご予約は公式ページをご覧下さい。

↓     ↓     ↓

 

DMM英会話

DMM英会話はサービス評価・満足度調査13部門で1位を獲得したオンライン英会話です。
また、DMM英会話は雑誌などの多くのメディアに掲載されているオンライン英会話です。
ビジネス英語の教材(中級〜上級むけ)を利用してレッスンを受けられます。

 

[特徴]

  • 90カ国以上の国々の講師とレッスンが出来る
  • 厳選された講師陣
  • レッスンノートで記録が残せる
  • 講師の自己紹介動画を事前にチェックできる
  • 7000以上の教材がある
  • 英語力や習得具合の確認が出来る
  • 英語学習アプリが使用出来る
  • 料金は月額制
  • 24時間365日受講が可能

 

国を指定して英会話を受けたいビジネスマン向けのサービスです。
早朝や深夜の時間帯を有効に活用したりビジネスマン方むけです。

 

DMM英会話は25分の無料体験レッスンが2回受講できます。
無料体験のお申込みや詳細はこちらの公式ページをご覧下さい。
↓     ↓     ↓
60か国の講師陣とマンツーマン!

 

 

初心者コースがある英会話

初心者の方におすすめのオンライン英会話です。
※上級者コースもあります。

 

Bizmates(ビズメイツ)

Bizmatesはビジネス特化型英会話スクールです。
ビジネスマンに不可欠なコミュニケーションスキル、リーダーシップ、信頼関係を築く人間性なども高められる教材内容となっています。
初心者の方からネイティブ並の英語力をお持ちの方まで対応できるレベル分けがなされています。。
スカイプがインストール出来る端末ならスマホでもご利用可能です。

  • 講師:外国人でビジネス経験者
  • 頻度:毎日
  • 時間:25分と50分
  • 時間帯:5時〜25時
  • 料金プラン:月額制
  • テキスト教材:オリジナル
  • レベル:5段階
  • 支払い方法:クレジットカード、銀行口座振替、銀行振込
  • 体験:無料体験レッスンあり

 

初心者の方やビジネス経験をもった人材から英会話を学びたいビジネスマンにおすすめです。
実際のビジネスシーンを想定してビジネスパーソン同士の会話が出来そうです。

 

Bizmatesの詳細やお申込みは公式ページをご覧下さい。
↓     ↓     ↓

 

 

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話はライフスタイルに合わせて選べる定額制のオンライン英会話です。
ビジネス英会話などのコースが多数設定されています。
初心者向けのコースもあります。
スカイプがダウンロードできるパソコン、スマホ、タブレットからご利用できます。

 

  • 講師:外国人 ※体験レッスンは日本人講師も可能
  • 時間帯:5時〜25時
  • 時間:25分と50分
  • 頻度:毎日
  • レベル:初級・初中級・中級・中上級の4レベル
  • 料金プラン:月額制 ※入学金・教材費なし
  • 支払い方法:クレジットカード、PayPal、銀行振込
  • その他:日本人スタッフがサポート
  • 体験:無料体験レッスンあり

 

ビジネスコースの英会話を受講したいビジネスマン向けです。
早朝の受講も可能なので始業前の時間を有効に使いたい方むけです。
無料体験レッスンを受講することが出来ます。
無料体験レッスンなどのお申込みや詳細は以下の公式ページをご覧下さい。
↓     ↓     ↓
産経オンライン英会話

 

 

スカイプ回線を使用しない英会話

スカイプ回線を使用しないオンライン英会話です。

 

ネイティブキャンプ(NativeCamp)

ネイティブキャンプ(NativeCamp)は1レッスン25分という枠に縛られないで5分でもレッスンが出来るオンライン英会話です。
ビジネスコースとビジネスカランコースなどがあります。

 

専用アプリがダウンロードできるパソコン、スマホ、ipadなどのタブレット端末がご利用出来ます。

  • 講師:外国人、ネイティブ、日本人
  • 時間帯:24時間365日
  • 回数:無制限、受け放題
  • 料金体系:月額制
  • 教材費:基本的に無料※一部有料教材あり
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 体験:7日間トライアルあり

 

 

フィリピン人講師の英会話

フィリピン人講師のオンライン英会話です。

 

レアジョブ

レアジョブは利用者数60万人、法人の導入者数が1500社をほこるオンライン英会話です。
ビジネス英会話コースなどがあります。

 

  • 講師:外国人
  • 時間帯:6時〜25時
  • 頻度:毎日
  • 料金体系:月額制
  • その他:Skypeカウンセリングでサポート
  • 支払い方法:クレジットカード、銀行振込、ペイパル決済
  • 無料体験:25分×2回の無料体験レッスンあり

 

 

オンライン英会話の選び方

オンライン英会話を選ぶ時のポイントをご紹介します。

 

料金で選ぶ

オンライン英会話を料金で選んでみることも出来ます。
値段が高いレッスンや安いレッスンなど様々です。

あと特徴的なのが、多くの料金プランは月額タイプです。
しかし、単純に月額料金だけで比較はしないことをおすすめします。
月額料金をみて、費用が安い高いを判断しない方がいいのです。
なぜなら、毎日レッスンができる英会話と月に何回とか週に何回レッスンなどというようなオンライ英会話もあります。
回数を気にせずに毎日継続して練習をして日常的に英会話に触れたいのか、月や週に数回でいいのかは、あなたのご都合に合わせて下さい。

 

講師で選ぶ

オンライン英会話の講師にはいろいろな国の方、バイリンガルな日本人など様々です。
外国人でもネイティブの方と英語も話せる方がいます。
英会話スクールによってどのような人材を採用しているかは異なります。
公式ページなどで、どこの国の講師を採用しているか調べることが出来る英会話スクールもあります。

 

ネイティブの方は、英会話のスピードが自然ですし、発音も自然です。
ネイティブの人独特の話方や言い回しを使ったりすることがあります。
ネイティブといっても国や地域によっては訛りが入ってしまうことがあります。
ネイティブから本格的な英会話を学びたい方におすすめです。

 

海外経験のあるバイリンガルの方は、日本語も話すことが出来ます。
よって、分からないことは日本語で質問をしたり指導を受けることが出来ます。
ビジネス英語を習うといっても、オールイングリッシュのネイティブの方に英会話を習うのはハードルが高いを感じてる方におすすめです。

 

あと、先生はネイティブにせよバイリンガルにせよ、話すのはうまいが教えるのが下手では困ります。
あなたは、英会話のレッスンを受け英語力を高める予定なのではないでしょうか。。
普通に会話をしていても話を理解し、英語は上達しますが、決まった期日内で想定するレベルに効率よく到達するとは限りません。
想定している効果が出なければ、レッスンを受ける意味が相当無くなってしまうのではないでしょうか。
とくに結果が求められるビジネスマンは、上達の上限を決めているのだろうと思います。

 

レッスン内容で選ぶ

ビジネス英語のスキルを向上させたいビジネスマンにとって、レッスン内容でオンライン英会話を選ぶのはとても大切です。
詳しいレッスン内容やカリキュラムや使用教材などは各オンライ英会話スクールでご確認下さい。

 

レッスン方法は大別すると2種類あります。
一つは、マンツーマン指導をしている所です。
基本的にオンライン英会話はマンツーマンです。
マンツーマンでも、テキストなどの教材に沿って会話をする、フリートークをするといった形で異なります。
あなたご自身の上達したいレベルや現在のレベルを踏まえて考慮してみて下さい。
英語を話すことにウェイトを置きたいビジネスマンの方はマンツーマンが良いのではないでしょうか。

 

もう一つは、グループセッションです。
オンライン英会話スクールでもグループセッションを取り入れている所があります。
複数の人とディスカッションをして英語を身に着けたいビジネスマンの方はグループセッションが良いのではないでしょうか。

 

 

このようなポイントを踏まえて、あなたにあったオンライン英会話をお選び下さい。
ホームページなどの情報だけでは不足の場合は、体験レッスンを受けてみるのもいいかもしれません。

 

メリットとデメリット

オンライン英会話のメリットとデメリットを挙げてゆきます。
利点と不利な点を踏まえてサービスをお選ぶ下さい。

メリット

【メリット】

  • 時間や場所の制限が無い
  • 価格が安い
  • マンツーマン

このような点からオンライン英会話は人気が高まっているサービスです。

 

時間や場所の制限が無い

何といっても、オンライ英会話はあなたのお好きな時間や場所でサービスを利用することが出来るのが魅力です。。
通学するスクールは、教室に通う必要がある、時間に拘束される、費用がオンラインに比べ高いなどの障壁があります。

 

オンライン英会話はネットが接続できる環境ならばどこでも利用出来ます。
スマートフォンやタブレットでも対応出来ますで、自宅、会社、公園、移動中など、どこでも好きな場所でリラックスしてレッスンを受けることが出来ます。
時間帯も一部のスクールを除いてお好きな時間帯を選んだり予約をしたり出来ます。
レッスンが25分単位と所が多いので、ちょっとした隙間時間を利用することが出来ます。

 

そして、教室によっては、深夜でも早朝でも日曜でも24時間365日いつでもレッスンを受講することが出来ます。
その理由は、外国人の講師ならその国の人を採用していたりしますので、日本との時差が利用できます。

 

 

忙しいビジネスマンにとって好都合のサービスです。

 

価格が安い

オンライン英会話は通学するタイプと比較すると費用が安く済みます。
英会話教室を駅前などに構える必要がありませんし、Skypeなどを利用しますので、その分受講料が安く設定できるという利点があります。
また、レッスンを担当する講師は外国人の場合ならその国の人が担当しますので、日本より物価のやすい国や地域の講師なら人件費を抑えられますので、その分受講料の低下に反映されます。
例えば、フィリピン人が先生を務めているオンライ英会話サービスは比較的受講料が安く済んだりします。

 

マンツーマン

オンライン英会話は一部のサービスを除いてマンツーマンです。
よって、同じレッスンをその場で受けている日本人の仲間がいませんので、相談などをすることが出来ません。
指導を受けながら、コミュニケーション能力や身振り手振りで説明するより実践的な力が身に付きます。

 

 

デメリット

【デメリット】

  • 講師の質
  • 講師が変わる
  • ネットの環境

 

講師の質に問題

オンライン英会話は講師の質に問題があるスクールもあります。
キチンと明確で厳格な採用基準を設けていいるスクールもあります。
上記しましたが、教えることと話すことは違います。
教えることが苦手な講師も中には存在します。
もし、相性が合わない場合は講師を変えてみることによって対処することが出来ます。

 

講師が変わる

一部のサービスを除いて講師は毎回のレッスンで異なります。
講師との相性が合わない場合は変えることが出来ると上記しましたが、相性のよい講師のレッスンを継続的に受けることが出来るとは限ません。
もし、一番相性のよい相手が見つかったら、予約を早めにするなどして確保する必要が生じるかもしれません。

 

ネットの環境

オンライン英会話はネット環境が整っていれば何処ででもレッスンを受けれるのが利点でした。
しかし、インターネット環境が悪い所だとレッスンを受けることが出来ません。
通信状態を気にする必要がありますし、通信環境の良し悪しは非常に重要です。
ビジネスマンだから常にモバイルルーターを持っているから大丈夫とお考えになるかもしれません。

 

ネット環境の問題点はあなた側にあるとは限りません。
相手のネット環境も影響することがあります。

 

講師の住んでいる国や地域のネットの環境が悪いとうまく通信が出来なくなり、折角の貴重な受講時間が損失するケースがあります。
こちら側の通信環境は改善出来ますが、相手の通信環境を改善することは無理です。

 

英会話スクールによっては、講師の国籍も説明しているサービスがありますので、確認が可能なら受講の前にチェックをなさってみることをおススメします。

 

 

レッスン前に用意しておきたい物

ビジネスマン向けのオンライン英会話を始める前に用意しておきたい物があります。

 

  • メモ
  • 辞書
  • 話す内容
  • Skype(スカイプ)のチェック
  • ヘッドセット

 

メモは講師のアドバイスを記入する際に使用します。
メモをしないと折角のアドバイスを忘れてしまい、後日同じアドバイスを何度も受けていたら時間が勿体ないです。
忙しいビジネスマンにとって時間のロスは避けたいところです。
メモは紙のものでもいいですし、端末に記録出来るものでも良いと思います。
端末本体に記録できるタイプやネット上に記録できるタイプもあります。

 

辞書は不明なフレーズが出てきた時に使用します。

 

話す内容に関しては、いくつか事前に用意しておくと良いと思います。
気になっているフレーズや使ってみたいフレーズを用意しておくと良いと思います。
特に英会話初級の方は、自己紹介や挨拶などを始め、どのようなことを話してみるかシミュレーションをしておくと時間をロスしないで済むと思います。

 

Skypeのチェックに関しては、音声のチェックをなっておくことをおすすめします。
レッスンが始まってから音声の不具合があったりすると時間のロスになりかねません。

 

ヘッドセットはマイクとイヤホンがセットになっているアイテムです。
パソコンなどの端末のマイクでも音は拾えますが、雑音が入ることがあります。
静かな部屋でオンライン英会話をするのならいいのですが、ビジネスマンの方は外出先で受講する場合が多いかと思います。
必要な方は用意をしておいて下さい。

 

 

ビジネスマンの方の英会話習得で大切なこと

ビジネスマンが英会話を習得する際に大切なことがあります。

 

ゴールや目標設定が大切です。

 

ビジネスマンの方は多忙ですので、英会話の習得に使える時間が限られています。
限られた時間を有効に使うのは勿論大切ですが、ゴールや目標設定が何より大切です。
戦術より戦略を先にお考えなってみては如何でしょうか。

 

どの程度の英会話を習得すればいいのか。
いつまでに習得すればいいのか。
リスニング、スピーキングなどのどの分野を習得すればいいのか。
などです。

 

目標やゴールが設定できたら、次に手順をお考えになってみては如何でしょうか。
通学するタイプの英会話スクールにするのか、オンライン英会話にするのか、教材を購入して学習するのか。
レッスン時間が固定されているのがよいのか、いつでもレッスンが出来るほうがいいのか。
目標としている分野が出来る所はどこなのか。
などです。

 

更新履歴
トップへ戻る